Translation
English Version

Version Française

Versione Italiana

Versión Española

Deutsche Version

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーレーン戦

 結果は0-1で、日本が負けました。情けないですが、岡田監督の能力に疑問が持っていたので、この結果に驚きもないし当然の試合結果かな。日本は昨年3月に続いて、またしても敵地でバーレーンに負けて 日本はワールドカップ出場できるのか。これで岡田監督が就任してからバーレーンに2度も負けました。 昨年、敵地でバーレーンに敗れたことについて、のちに「あのときの屈辱は一生忘れない」と語っていた岡田監督はその後の「オレ流」あるいは「コンセプト」という意味で、オシム前政権の“呪縛(じゅばく)”を断ち切り、新たに生まれ変わってチームを再構築し、コンセプトの精度を高めていったにも拘らず再びそのバーレーンにいいところなく敗れてしまったのである。前回のバーレーン戦から進化しているであろう戦略であるはずだが、それ以降何の進歩も見せられなかった。二度目の「コンセプト誕生の地」での敗戦から、果たして指揮官は何を持ち帰り、そしてチームづくりに反映させていくのだろう。これほど同じ過ちを繰り返しても平静でいられる事自体異常である。これはもう解任の声が上がってもおかしくはないし 協会も後任探しをしていてもおかしくない状況である。それでも岡田監督にすべてを託すのでしょうか。
 岡田監督が「誰が入っても組織として機能するコンセプト」として信念をもって推し進める「コンセプト」とは、素早いパス回しと、後方からの飛び出しで、積極果敢にゴールにアプローチする。そうしたチームコンセプトを決めるのは監督であり、戦術を徹底・浸透させるためには「ぶれない」指導が不可欠であること自体には、問題も誤りもないと思う。しかしそのコンセプトなるものが破綻をきたしている状況下である事を素直に認めるべきか 放棄するしかないか時には、対戦相手や選手起用に応じたコンセプトの軌道修正も必要であろう。少なくとも今回の敗戦では、愚直なコンセプト遵守の弊害を見てしまったような気がする。

試合後の岡田監督の会見は、いささか拍子抜けするくらい淡々としていた。
「前半、なかなかボールを引き出すことができず、選手間の距離が近くてボールが回らなくて、どうしても一発裏狙いという形が多かったです。しかし後半になって選手間の引き出し(の動き)も早くなって、後半の途中からようやく流れが出始めたんですが、最後のところでの工夫がいまひとつ足りなかった。
 それと中盤でミスパスが多くて、どうしてもそこからカウンターを受けるという形がありました。後半は(ミスを)抑えていましたが、あれだけミスが出るとなかなか最後までいかない。しかし後半途中からの流れ、われわれがやらねばならないことは明確になったし、今度の(ワールドカップ=W杯予選の)オーストラリア戦に向けて教訓になることもあったと思っています。今日の負けは残念で悔しいですが、これを生かしていかないといけない。」

――後半途中までうまくいかなかったのはフィットネスの問題なのか、それとも準備に問題があったのか?

「 フィットネスというよりも、この前のイエメン戦で戦っていないメンバーというのは、久しぶりにプレッシャーのかかった試合の中での判断の遅さ、それからプレッシャーに感じたミスというのが多かったと感じています。フィットネスというよりもスピード感での慣れ、そういうのが一番大きかったと思います。」

――中盤でのパスミスが多かった原因は何か?

 「選手個々の技術。このサッカーをやろうとすると、ミスが多いとどうしてもきつくなる。今日出ていた選手たちの技術的な問題と、さっき言ったプレッシャーへの慣れ(に問題)があったと思います。」

 (1)少なすぎる攻撃パターン
岡田監督の選手セレクトでFW玉田・大久保・田中・岡崎・香川のような選手のプレイスタイルは足元でもらってドリブルで仕掛けるか、裏をねらうプレイスタイルと一面的な攻撃パターンしか出来ない。今の攻撃パターンとしてはラインの裏をねらうか、サイドを突破し低いクロスで押し込むか、ワンタッチパスで崩すぐらいしか出来ない。中盤を支配をしての攻撃に時間をかけて責めるしかない。それを出来るのは高度な技術を要す南米型のゆっくりとしたサッカーになるのだが、日本の選手でそこまでの技術を有している選手はいないのが現状である。中盤でタメが作れない「もう少しタメができればいいけれど、急ぎすぎてカウンターでやられていた」と長友佑都。一方の内田篤人も「もう少し中盤でタメを作るというか、キープできる人(が必要)かな」。ミックスゾーンの別の場所で、両サイドバックが「タメができる人」の必要性について言及していたのは、何とも暗示的である。
 中盤でボールをキープし、タメを作ることで両サイドが積極的に飛び出していくという「日本らしさ」が感じられるシーンが、この試合ではほとんど見られなかった。結局、今回の中盤の構成で、そうした働きが期待できたのは中村憲のみ。岡田ジャパンのボールも人も動かない 選手の個性を度外視し、前線に高さのある選手を置かない上に、攻撃の溜めや緩急に関しては中村や遠藤頼みという限定仕様なチームを作ったうえで「誰が入っても組織として機能するコンセプト」ですが、今回スタメンで起用された2人の欧州組が、いずれも各人の役割も最後まであいまいなままで本来のパフォーマンスを発揮できなかったのも、その理由の一端は過度のコンセプト遵守にあったのではないか。勝利のためのコンセプトが、かえってチームや選手のポテンシャルに縛りを加えていたとすれば、早急の修正が必要であることは言うまでもない。動きの中でもらうタイプの選手とか、中央などで待ち構えるタイプで攻撃に速さをもたらす選手はいない。これだけ同じタイプの選手をそろえると、攻撃のパターンも限られ、相手に脅威を与えられないと思います。

(2)選手がスピードに対応できていない
前半24分の失点は、セットプレーによる失点だが、序盤からバーレーンは縦方向への素早い攻撃に受け身に回った日本は防戦一方となっていた。いったんボールを押し戻しても、すぐさまインターセプトされてピンチの状態に逆戻り。前半の失点は、時間の問題だったように思う。
 選手の全体の動きにスピードに対応できていないので、カウンターでの攻撃には最終的にDFに綻びが出来やすくなる。特にスピードと高さのカウンターには対応できていない。

にほんブログ村 サッカーブログへ

theme : サッカー
genre : スポーツ

comment

Secret

A8.net



☆ ☆



☆ ☆ ☆ ☆☆
アクセストレード
お名前.com
サーバーでも<<お名前.com>>
◆比較.com スクール・通信講座比較◆
国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp
Kauli
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
QRコード
QRコード
最近のトラックバック
リンク
ping送信
FC2カウンター
twitter
おきてがみ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Facebook
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
アドガー
アフィリエイト
☆4/15~7/16
ホテルクラビーサッポロの写真・フォトギャラリー

☆5-13〜8-13JRタワーホテル日航札幌のブライダルフェア一覧
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。