Translation
English Version

Version Française

Versione Italiana

Versión Española

Deutsche Version

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACLでも通用するチーム戦術

ACLグループFグループF浦和、グループH柏は今日7時試合開始。
グループ内3位の浦和、同1位の柏はJリーグの代表として勝ち点を積み重ねたいところだが引き分け。
何とも圧倒的な強さでと行けないのが今のJリーグの力なのかも。
明日のグループEの仙台はまだ勝ち残る可能性はあるとしても グループGの広島は未だ勝ち点0と積み重ねられないと最悪。
広島と仙台の戦い方にACLとJリーグの違いはさほど感じられない。
両者とも昨年ほどの攻撃への切り替えのスピードがない。
特に広島は攻撃のパターンが出来るまで中盤で間延びと攻撃にブレーキのロックを掛けたままとエネルギーの消費の節約に精出すしサッカー。
これではJリーグもACLも勝ち取れないだろうな。

Jリーグの制覇をしたチームがACL戦に出た場合の日本チームの不甲斐無さは強行日程と戦い方の相違があると関係者の間で話されているようだが果たしてそうだろうか。
内弁慶のJリーグの覇者として定着しつつあるここ数年のACLでの戦績。
Jリーグのチームの戦い方に問題があるように感じる。
確かにJリーグ創設時から見れば選手個人の技術の進歩は目覚しいものがある。しかしその反面の負の部分とも言うべき運動量の低下と省エネさが目立つ。
それが顕著に毎年J2からの昇格チームの好成績さで分析できる。
J2の運動量の豊富な戦い方の方がJ1の個々人の技量の優秀さを凌駕している。

この構図からも分かるようにサッカーはやはり運動量が物言うスポーツなんだ。

此処にオランダに渡った永井選手のコメントから日本人の問題点が浮き彫りにされているように思う。
永井選手のコメント「技術は日本の方が高い」としつつも「フィジカルや体格の部分で全然違うので、そういう部分はやはり苦労する」「やりながら慣れていくしかない」また、フィジカル以外にも「日本はゆっくりつないでシュート、こっちは(ボールを)取ったらシュートまでいくのが早い」と違いを指摘している。
よりシンプルにサッカーを捉えているのがヨーロッパでありACLでもそうである。

パスサッカーに拘る日本サッカーを見ていると形に拘る日本文化を思いだす。
武道でも先に形ありきとばかりに形の修練に励むその姿は勝敗以上に《道》として精神性を重んじるところに日本独自の考え方があるようだ。
技術の練磨と作戦の反復練習によって形作る戦略いwゆる日本式スポーツは近頃問題とされている体罰,しごきと暴力につながる上からの押さえつけたスポーツ。
上級生下級生の年功序列による差別化で上からの押さえ込み指導で自由な意思を奪い取ってしまう体育の世界の非科学的な精神性に偏る大和魂。
ACLに勝ち残るにはこの戦う精神がないとの声も聴かれ出す。

しかしここで間違ってはならないのはスポーツは科学であり 文化であると言う理念の下に戦術と運動量の更新を目指す事を一番に考える事だと思う。



にほんブログ村 サッカーブログへ

 

theme : サッカー
genre : スポーツ

comment

Secret

A8.net



☆ ☆



☆ ☆ ☆ ☆☆
アクセストレード
お名前.com
サーバーでも<<お名前.com>>
◆比較.com スクール・通信講座比較◆
国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp
Kauli
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
QRコード
QRコード
最近のトラックバック
リンク
ping送信
FC2カウンター
twitter
おきてがみ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Facebook
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
アドガー
アフィリエイト
☆4/15~7/16
ホテルクラビーサッポロの写真・フォトギャラリー

☆5-13〜8-13JRタワーホテル日航札幌のブライダルフェア一覧
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。