Translation
English Version

Version Française

Versione Italiana

Versión Española

Deutsche Version

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慣れ親しんだマンチェスターUで

サー・アレックス・ファーガソン監督のイングランドプレミアリーグ・マンチェスターUは今季からヨーロッパ戦向きに戦略をセンターからの崩しにと切り替えを志向したが、香川の怪我により頓挫。
従来の奥深いサイドからの切り崩しへとの配置になってから攻撃陣に躍動感が見られるようになってきた。
FWロビン・ファン・ペルシ、FWハビエル・エルナンデスやウェイン・ルーニーによるセンターの個人技での得点が目立ち前節の戦い方に完全にユーターン。
いいのか悪いのか分からないが、これで首位の足固めになってきた。

ワンタッチプレイを目指したファーガソン監督の今後はどのように対処していくのか気になるところ。

今のところワンタッチプレイの出来る中盤はシーズン序盤の香川とクレバリーのコンビネーションだけで他の選手は切り替えられないまま状態で個人プレイに頼ってしまう。香川とクレバリー、ルー二ー、ファン・ペルシが絡んだ時だけしか新しいエネルギーをユナイテッドのエンジンルームにもたらさなかった。

ワンタッチでのパス交換から切り崩して行く新しいサッカーに乗り遅れてしまった前節までマンチェスターUはどこまで切り替えられるのか。
ブラジルの個人技にスピードを加味したマンチェスターUの攻撃パターンは中盤を支配されてしまうと完全に機能不全に落ち入ってしまう。
怪我から回復しつつある香川の居場所は?

中盤の古いタイプの(ポール・)スコールズ、(ライアン・)ギグス、(ダレン・)フレッチャー、キャリック、アンデルソンと判断の切り替えの遅さと個人での持ち過ぎのプレイを何処まで修正できるかが新しい戦略が機能するかしないかの分岐点になるだろう。

いずれにしても中盤ないし後方からの素早さがないばかりにチャンスをふいにしてしまうケースがあまりにも目立った。
ファーガソンの頭の中にリーグ戦だけの戦略なのか新しいファンタジックなサッカーを希求してゆくのか後半戦が楽しめだ。

個人的には今までのマンチェスターUの戦いには面白さもない頭脳的な美も見られない個人技とスピードだけにサッカーには失望していたので、生まれ変わるマンチェスターUを見てみたいものだ。 


にほんブログ村 サッカーブログへ

theme : イングランド プレミアリーグ
genre : スポーツ

comment

Secret

A8.net



☆ ☆



☆ ☆ ☆ ☆☆
アクセストレード
お名前.com
サーバーでも<<お名前.com>>
◆比較.com スクール・通信講座比較◆
国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp
Kauli
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
QRコード
QRコード
最近のトラックバック
リンク
ping送信
FC2カウンター
twitter
おきてがみ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Facebook
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
アドガー
アフィリエイト
☆4/15~7/16
ホテルクラビーサッポロの写真・フォトギャラリー

☆5-13〜8-13JRタワーホテル日航札幌のブライダルフェア一覧
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。