Translation
English Version

Version Française

Versione Italiana

Versión Española

Deutsche Version

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり駄目でした~

クラブW杯の準々決勝が9日、豊田スタジアムで行われた。
Jリーグ王者で開催国代表のサンフレッチェ広島はアフリカ代表のアルアハリに予想通りに1-2で敗れてしまった。
国際試合の経験と試合に対する執着心の差が最初から出ていた。広島の選手に覇気が見受けられなかったのは気のせい。
外国人助っ人のミキッチ一人の孤軍奮闘では1-2の点差では良く頑張ったとしか言いようが無い。

先日のオークランド戦から広島の選手は戦う姿勢の欠如が明らか。しかも相手はアマチュアであるにも拘らず攻めあぐねる不甲斐無さではプロ返上といいたくなる。

来期のACLでは広島は<戦わずして一次リーグ突破も難しい雰囲気が濃厚。
ボールボゼッションが上まわってもボールを持たされているだけの支配率では情けない限り。

攻撃もワンパターンではお子様サッカーとしか言えない。
このようなサッカーでJリーグの王者とは何とも情けないやら恥ずかしい。
ボールを取られて笑っているような選手はやはり使って欲しくはないし 体力の温存,玉際での覇気のなさ,怪我を恐れるような消極的プレイのする選手は技術的、戦略的に高い選手でもやはりイレブンの中に入れないくらいの采配を指導者には要求したい。
ヨーロッパのクラブサッカーを見ていると技術的に秀でた選手でも怠慢なプレイ,練習をする選手には監督は見向きもしないとされている。
基本的にプロ意識の差でチームとしての共通意識を持ちえるかによってイレブンの力が高められるのがサッカーだと思う。
あのベンゲルの言葉に一人二人のスーパープレイヤーより平均的な意識を持ったイレブンの方が監督としては戦略を構築しやすいと。

Jリーグの活性化,発展のためにこのような試合をするチームには覇権を取らさない様にしてもらいたい。
額の汗をかき,努力するチームが勝ち残るように来期はなってもらいたいものだ。

このような試合をした広島へのパッシングもなければ試合内容にも触れないメディア,評論家では日本のサッカーの底辺の底上げは無理無理無理の絶望しか見えない。

代表,特に海外組の選手とザッケローニに頼るだけしかないのかも。


にほんブログ村 サッカーブログへ

theme : サッカー
genre : スポーツ

comment

Secret

A8.net



☆ ☆



☆ ☆ ☆ ☆☆
アクセストレード
お名前.com
サーバーでも<<お名前.com>>
◆比較.com スクール・通信講座比較◆
国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp
Kauli
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
QRコード
QRコード
最近のトラックバック
リンク
ping送信
FC2カウンター
twitter
おきてがみ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Facebook
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
アドガー
アフィリエイト
☆4/15~7/16
ホテルクラビーサッポロの写真・フォトギャラリー

☆5-13〜8-13JRタワーホテル日航札幌のブライダルフェア一覧
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。