Translation
English Version

Version Française

Versione Italiana

Versión Española

Deutsche Version

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドン五輪男子サッカー 

29日、ニューカッスルでロンドン五輪1次リーグの第2戦となるU-23モロッコ代表戦。
オーバーエイジ組の徳永、吉田の参加によってますます守備陣の連携が成熟。U-23のメンバーの鈴木が吉田との連携によってようやく戦い方が学習されてきたように感じ 守備の安定感が見られるようになりチームの成長を感じる。

今回は前半に日本チーム全体が身体が重く動きが鈍かった。
スペイン戦の疲れがでているようで中盤でのモロッコのプレスにボールを奪われて攻め込まれて危ない場面がいくつか見られた。体とボールの間に入れるテクニックではモロッコの選手に日本の選手は太刀打ち出来ていなかった。簡単にボールの取られ過ぎていた前半だったが、時間の経過と共に守備の修正を微調整しながら出来るようになった事も大きい。
モロッコの素早い寄せに対して前線への中、長距離のパスに切り替えてからはようやく前線の活躍が出来るようになってきた

今回も決定機に逃すパターンの連続で引き分けで終わるかと思った後半39分に永井のシュートで辛うじて逃げ切った。

まさかあの決定機を外し続けてくれていた永井のシュートが入るかと思わせるほど巧く枠内に。
あれほどのテクニックをもっているのならば今まではもっと簡単なシュートチャンスを何故に外し続けていたか不思議なくらい。

永井には走って走り回る事でシュートチャンスを無駄にしてきた功罪相半ばかな。今後の戦いも走りに走ってDFの裏を狙う動きに徹してもらいたい。

本命のスペインの敗退が早々に決まり大波乱と報道されているようだが、今のスペインはスピードの無いパスサッカーでブラジル流のサッカーのようになってしまっている。ボールボゼッションをあげる事に腐心をして肝心のゴールに向かう集中力が抜けている。其の例はシュートに対してのセカンドボールに詰める動きが全然なされていなかった不思議なゴール前のスペインだった。
勝てるという思い上がりなのかワンシュートを決めきれる自信の表れなのか後詰の選手が一つとして現れなかったのが最大の敗因。それとスピードの無さだろう。



にほんブログ村 サッカーブログへ

theme : ロンドンオリンピック
genre : スポーツ

comment

Secret

A8.net



☆ ☆



☆ ☆ ☆ ☆☆
アクセストレード
お名前.com
サーバーでも<<お名前.com>>
◆比較.com スクール・通信講座比較◆
国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp
Kauli
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
QRコード
QRコード
最近のトラックバック
リンク
ping送信
FC2カウンター
twitter
おきてがみ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Facebook
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
アドガー
アフィリエイト
☆4/15~7/16
ホテルクラビーサッポロの写真・フォトギャラリー

☆5-13〜8-13JRタワーホテル日航札幌のブライダルフェア一覧
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。