Translation
English Version

Version Française

Versione Italiana

Versión Española

Deutsche Version

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウズベキスタン戦後の失望


 日本代表は欧州組をほぼそろえ本田を除けば、ベストメンバーでウズベキスタン戦に臨んだ。相手のウズベキスタンは若手主体になったメンバーでの編成になりながらも0-1でまさかのホームでの敗戦。
11月の北朝鮮戦に続いてW杯予選2連敗を喫し、グループC2位での最終予選進出となりました。

試合の最初の入りからボールの落ち着かない緊迫した展開にウズベキスタンのプレッシャーに押されるにつれ後方でのボール回しに陥り 横パス、バックパスの頻度が高くなるだけのボールポゼッション。
つい先日のU-23の戦い方にも共通する冒険心のある独創的な展開への踏み込み方が出来ない安全策に消極的に綺麗なサッカーを構成しようとのマイナス要素ばかり。
特に今回は選手間の意志が一つの方向を向いて戦っていなかったように思える。海外組みの代表への合流の時間の無さとJリーグの選手の消極性が悪い連鎖反応に陥ってしまった。
早く得点力不足の前衛の選手でない本物のFWを日本人でも見てみたい。その意味では宮市選手の代表での戦い方を見てみたかったな。
本人も相手の裏に好きが在るので出たかったと述べていたようにウズベキスタンのDFの後ろに回り込めれれば大きなチャンスが生まれる展開だった。
ウズベキスタン戦を分析する限り前線に足の速さを武器にする選手が一番ではなかったかと思う。例えば前田(今回は選ばれなかったが)、宮市の二人にトップ下に香川,乾選手の配置のほうが動きがすっきりシンプルになると思う。
トップ下の選手をセカンドストライカーとして前線に上げるためにボランチの選手が前方に踏み出す事によりDFとMFと間にスペースを生じさせてしまい今回のウズベキスタンのカウンターに失点してしまった。失点は1だったが、相手の攻撃にDFの数が足りない危険な状態が度々あった。ウズベキスタンでなくもっと強いチームであればもっと失点していてチームの壊滅的な状態になっていただろう。

今回の試合で選手のコメントの中で長谷部は「少なからずダメージがあるかもしれないが、自信をなくす必要はない」と今野は「これをいい教訓にしないと。今日の負けを忘れずにやらなくちゃいけない」とこの二人は危機感を表していた。


にほんブログ村 サッカーブログへ

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

comment

Secret

A8.net



☆ ☆



☆ ☆ ☆ ☆☆
アクセストレード
お名前.com
サーバーでも<<お名前.com>>
◆比較.com スクール・通信講座比較◆
国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp
Kauli
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
QRコード
QRコード
最近のトラックバック
リンク
ping送信
FC2カウンター
twitter
おきてがみ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Facebook
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
アドガー
アフィリエイト
☆4/15~7/16
ホテルクラビーサッポロの写真・フォトギャラリー

☆5-13〜8-13JRタワーホテル日航札幌のブライダルフェア一覧
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。