Translation
English Version

Version Française

Versione Italiana

Versión Española

Deutsche Version

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インテル初優勝/クラブW杯

マゼンベ 0-3 インテル
パンデフ(13分)、エトー(17分)、ビアビアニー(85分)

 試合早々にピッチに乱入者の出現で驚かされた試合幕開け。スローテンポな序盤だったが、やはり下馬評通りインテルに分があるように感じた。
 インテルの攻撃の中心はFWミリートでコンディションが良く、前線で起点になったり、スペースに流れたりして13分、ミリートが落としてエトーの浮き球パスを受けたパンデフが左足で先制シュート。準決勝までの2試合、スーパーセーブ連発のGKキディアバの壁をあっさり崩した。その4分後にはサネッティが右サイドを崩しクロス、それをエトーが右足で左隅へシュート。序盤で2-0とし、その後展開に優位を保った。
 25分、ミリートのシュートをGKキディアバが足に当ててDFがクリア。そして42分、再びミリートが抜け出してのシュートもまたもやGKキディアバがファインセーブ。なかなか3点目は決めずに逸した。

後半にマゼンベが後半頭からエカンガを投入して抵抗を見せゲームの流れを変えるが、ベニテス監督は54分にギブ→スタンコビッチ投入と早めに手を打ちマゼンベの流れを阻止。中2日のインテルの運動量が落ちながらもしたたかなイタリアらしい堅い守備を展開し、DFが崩れてもGKジュリオ・セザールがファインセーブ。
そして後半40分、コルドバからのスルーパスに抜け出したビアビアニーがGKキディアバを交わしてシュート。だめ押しの3点目。インテルが終始力の差を魅せつけてこのまま試合終了。

来年、再来年は日本開催のクラブW杯。来年は名古屋、G大阪、C大阪がACL出場。開催国枠ではなく、この中からACLを制してクラブW杯に出て旋風を巻き起こして欲しい。

 3位決定戦は南米覇者インテルナシオナル(ブラジル)がアジア代表の城南(韓国)に4-2で快勝。アジア勢の3位は昨年までの3大会連続で止まった。

にほんブログ村 サッカーブログへ

theme : FIFAクラブワールドカップ
genre : スポーツ

comment

Secret

A8.net



☆ ☆



☆ ☆ ☆ ☆☆
アクセストレード
お名前.com
サーバーでも<<お名前.com>>
◆比較.com スクール・通信講座比較◆
国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp
Kauli
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
QRコード
QRコード
最近のトラックバック
リンク
ping送信
FC2カウンター
twitter
おきてがみ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Facebook
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
アドガー
アフィリエイト
☆4/15~7/16
ホテルクラビーサッポロの写真・フォトギャラリー

☆5-13〜8-13JRタワーホテル日航札幌のブライダルフェア一覧
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。