Translation
English Version

Version Française

Versione Italiana

Versión Española

Deutsche Version

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザックジャパンの針路


特にこのチームでの課題は、試合の流れを読むことになると思う。試合の中で、ずっと横パスだけでも縦パスだけでもだめなわけで、試合の流れを読んで、きちんとした状況判断に則した戦術を用いること、それができるようになりたい。特に大切なのは、最後の数分になっても、攻撃の姿勢を崩さなかったことだ」ザックジャパンの方向性が垣間見られるの言葉。

 縦と横のバランス 日本の場合には、以前は横の動き、サイドへサイドへ、という意識のあまり中盤でのコンパクトなパスサッカー『日本のパス回しは世界トップレベルだけど、シュートを全然打たない』に終始するだけで、縦へのスピディーな突破という意識が見られなかった。
 しかし今度は、「縦の意識を持ってシンプルにゴールに向かう」という縦への意識“縦に速い攻撃”を指導されたようだ。『勝つためには縦に行くべき。ゴールを狙うためにボールを回さないといけない』と指揮官は意識改革を強く求めた。、中央からの縦への楔のパスを前線の選手の足下にという意識が強くなり過ぎてしまって、サイドを使うという意識が薄れてしまった。 
 そのような時にスペースへパスを出すというパスの出し手と受け手の阿吽の呼吸の下にパスの受ける選手の足下でなく走りこんだ先に出す。例えばDFラインの裏とサイドにあるスペースを狙っていけば効果はある。つまりは、縦と横のバランスを相手の出方並びに時間帯でより効果的な試合の流れを読んでいくという状況判断に則した戦術ができるようにならなければならない。
 視野の広い、フィールド一杯に使い全体をオートマティックに動き回るサッカーへと構成していく気配を感じる。
 又ボールの位置と体の向きを1つ1つに詳しく細かく指示したのは守備と攻撃の切り替えの早さに対応する動きで、毎日のミーティングやピッチ上で細かく約束事を徹底した。このような細部の約束事を指導されたことは日本サッカー界にとって始めてのことである。監督もこれまでの日本のサッカー指導にはまだまだ未熟な部分が多いとの見解からイタリア式のDF意識とカウンター攻撃を導入してゆく事だろう
中を閉め、外に追い込んでボールを奪う守備』『真ん中をやられないように』と。『しっかり中を閉めて外でボールを取ろう』と強調していました。前の選手もボールに対してアタックすることを求める。

 
 今までの日本の場合には、中盤で相手を上回る事、中盤でのプレスで相手に負けない事、中盤でのポゼッションやパス回しで優位に立つ事を目指してきた。言い換えればバルサのようなスタイルの構築を目指していた訳だが、あまりにもゴールへと向かう意識が欠落して中盤での球回しの指導に選手も順応し過ぎてしまいゴールへの道のりは遥か遠いものになっていた。海外組みの選手の意識がなければ国際試合ではもはや点を取れない末期的状態に陥っていた。このようにオシム監督の日本のサッカーを目指した道のりの中、ゴールへまでの過程を築くべき時に中断して空中分解的になってしまった中での新監督の方針は斬新で希望の持てるものである、



にほんブログ村 サッカーブログへ

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

comment

Secret

A8.net



☆ ☆



☆ ☆ ☆ ☆☆
アクセストレード
お名前.com
サーバーでも<<お名前.com>>
◆比較.com スクール・通信講座比較◆
国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp
Kauli
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
QRコード
QRコード
最近のトラックバック
リンク
ping送信
FC2カウンター
twitter
おきてがみ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Facebook
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
アドガー
アフィリエイト
☆4/15~7/16
ホテルクラビーサッポロの写真・フォトギャラリー

☆5-13〜8-13JRタワーホテル日航札幌のブライダルフェア一覧
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。