Translation
English Version

Version Française

Versione Italiana

Versión Española

Deutsche Version

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決勝トーナメント出場

 「W杯・E組、デンマーク-日本」(24日、ルステンブルク)
試合終了。日本3-1で勝利!決勝トーナメント進出決定!

 試合開始はデンマークの間を通すパスに翻弄され ボールをキープされっぱなし。前の2試合に比べてやや高い位置からプレスを掛ける日本だが、トマソンの流動的な動きに対処出来ないで何度か崩されたされた。日本はこの劣勢の時間帯をしのぐと、松井の意表をつくシュートもデンマークのゴールキーパーの好セーブ、長谷部のシュートと徐々にペースをつかむ。
 17分、本田がFKを直接決めて日本が先制。さらに30分には本田の囮に惑わされているうちに遠藤が直接FKを決めてリードを2点に広げる。
2点を追うデンマークは早々にロングボールを入れてゴールを狙うパワープレーに出て、長身FWのベントナーを目掛けてロングボールを入れる単調な攻撃パターンに日本守備陣中澤、闘莉王のセンターバックコンビが相手のロングボールを跳ね返し2点差で前半を終える。

 さらに、後半に入るともう1人の長身FWラーセンを投入。対する日本は、後半35分にPKからトマソンのゴールに川島が一度は阻止したがこぼれ球を決められた。このプレイに守備陣の粘り強い連帯意識がはっきりとして最後まで切れない精神力が見えた戦いを展開。組織だったゴール前の二枚の壁とその前の阿部の守備を中心に守り切るパターンが大会を重ねると共に成熟していっている。
 後半42分には本田のペナルティエリア内への切り込みシュートという場面で本田の頭の中には岡崎選手の動きを把握していたことによって相手DFを欺く斜め後方へのパスに岡崎がダメ押しの3点目を決めたが、このプレイで日本はチームとしてやるべき方法が選手間に見えたようだ。大会直前に岡田監督がいままでの戦略に拘らずに選手に任せてしまったことによって守備の阿部、長谷部のダブルボランチが機能しだし ボールを回してゴール前に切り込んでいくボールポゼッションを高めるパスサッカーにチームがなってきた。このまま選手間での話し合いの中で自分たちのサッカーの形を習熟していくと今大会のサプライズになるチームに変貌する可能性も見えてきた。
 
 3-1の勝利。日本は勝ち点を6とし、グループ2位で堂々のグループリーグ突破。2002年大会以来の決勝トーナメント進出を成し遂げた。

にほんブログ村 サッカーブログへ

theme : 2010年 FIFA World Cup
genre : スポーツ

comment

Secret

A8.net



☆ ☆



☆ ☆ ☆ ☆☆
アクセストレード
お名前.com
サーバーでも<<お名前.com>>
◆比較.com スクール・通信講座比較◆
国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp
Kauli
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
QRコード
QRコード
最近のトラックバック
リンク
ping送信
FC2カウンター
twitter
おきてがみ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Facebook
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
アドガー
アフィリエイト
☆4/15~7/16
ホテルクラビーサッポロの写真・フォトギャラリー

☆5-13〜8-13JRタワーホテル日航札幌のブライダルフェア一覧
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。