Translation
English Version

Version Française

Versione Italiana

Versión Española

Deutsche Version

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イビチャ・オシム氏のオランダ戦を回顧より


 オランダ戦の感想をオシム前日本代表監督がスポーツナビで詳しく語ってくれた。

 以下に抜粋しながら載せてみた。

 《守備は規律を守ってよくやった。だが、もっといいプレーができたはずだ。攻撃ではボールをもっと速く動かすことができれば、もっと速いパスで相手をもっと余計に走らせることができたと思う。そして最後の部分で、フィニッシュの精度が問題なのだが、もっとコレクティブな攻撃ができなかったのかと思う。もっと勇敢にアタックするべきだった。》とプレー全体的には高評価。

 優勝候補オランダという名前に日本選手は怖がっていたとの印象を受けたと感想を述べ ゴールが取れるときは絶対に取るという気迫が無いから勝てなかった。
 
 日本代表は昨年のオランダ戦の教訓を そして初戦の教訓を次に復習して身につけること忘れてしまった

 《途中までは規律を守って集中力を保ってプレーしていたのに、それが一瞬だけ切れてしまい、試合を台無しにしてしまった。こういう試合をものにできないということが残念だ。》
 
 選手個人の感想として本田のプレイに言及。

 《本田について言えば、カメルーン戦は非常に良かった。規律を守り、専門外のFWとして良いプレーをしたので、ご褒美としてゴールを挙げることができた。カメルーン戦では、非常にクレバーなプレーをしていた。
 しかし、その良い印象というのは今日の試合で少し変わった。つまり、本田は専門のポジションではないのだから、FWのイミテーション(まね)をするべきではなかった。本田は自分1人で2人のDFをねじ伏せることができると思ったのかもしれないが、そこで(チーム全体の)プレースピードが落ちた。
 ...(中略)...ボールキープできればまだ良かったが、下がって取られた。
 本来ならタッチ数を少なくしてさばくべきだった。低い位置でボールを取られたために、オランダが自動的にショートカウンターを仕掛ける場面が増えた。そういうプレーが何回か繰り返された。
 皆さんも今日のオランダ戦の録画を何回も見直してください。
 ただ、それは深刻なミスでありません。簡単に修正できる。
 それを修正できれば、日本はもっと良いプレーができる。
 本田は素晴らしい選手で複数のポジションでプレーできるポリバレント性を持ち、勇気があり、集中力もある。本田がFKを外したことだけを批判しないでほしい。本田は自分がビッグプレーヤーであると示したかったのかもしれない。しかし、本田のクオリティーは別の分野にある。》

 それから中村俊輔へと話を移し《彼は非常に良いプレーヤーだ。彼が先発でなかったことを、彼自身がもっと考えるべきだ。
 俊輔は日本では非常にユニークな選手。しかし、サッカーについての考え方を彼自身が考え直すべきかもしれない。効果的なプレーは何かということ。
 それは遠藤保仁も同じだ。2人がモダンでスピーディーなプレーができれば、日本代表だけではなく、日本のサッカー界全体にとって大きな収穫になるはず。
 
 もし、彼らがそれを身につけていないのであれば、わたしもその責任を感じなければいけない。しかし、それはすぐに修正できると思う。できなければ非常に残念なことだ。彼ら2人はもっといいプレーをしてほしいと思う。まだまだゲーム中にピッチの上にソファーを持ち出し座り込んで、葉巻をくゆらせるような選手になってほしくない。危険な場面にどんどん飛び出し続けるような選手であってほしいと思う。》と述べている。


 確かにオシム監督時代からこの二人のプレイの仕方にいつも疑問を持ちながら観てきた筆者であった。
 二人の共通するスピードもない緩慢な動きと無意味なワンタッチプレイにバックパスの多用さにはオシム氏が目指すサッカーには合わない様に思っていた。
 オシム監督の考えている代表はベストプレーヤーの集合ではなく、組み合わせて作っているという考えを参考にするとオシム監督就任時は中村、遠藤のプレイの速度で全体のバランスが取れていたと考えられた。それ以降他の選手の動きにスピードが加わってきてことにより合わなくなってきた。

 その部分の指導が出来ていなかった責任をオシム氏自身の反省の言葉で述べられた。その辺の変化を日本のサッカーに関わる関係者は見抜けないで、未だに中村、遠藤のプレイに何の疑問も呈しないで評価している不思議さを感じていた。そこの部分をオシム氏が述べるように個人的に気がついていなければ 今の指導者が指導してこそより有効な戦力になる事を考えるべきだ。

 サッカーはもっとモダンに思考深く分析した科学的要素を取り入れたスポーツであり 団体競技であるべき。年功序列の精神論で戦う日本のスポーツ界体質を変革する為にもサッカー界はモダンなサッカーを早急に吸収していって欲しい。。

 今回のオランダ戦では一瞬の集中力の欠如を除いた守備と規律では合格点だが、中盤の選手の守備網では相手選手間のラインの線上に入るプレイがなされていなかった。闇雲にボールを追い回すだけのプレイでは消耗の激しい守備になってしまう。その辺の是正をデンマーク戦までに徹底して欲しい。

 最後にオシム氏は日本代表の前監督としてこう結んだ。

《 日本代表が下手なプレーをすると、わたしが悪かったのかと責任を感じてしまう。良いプレーをすればいいが、悪いときはわたしが日本でやったことは無駄だったのかという気持ちになってしまう。あるいは、わたしの言ったことが日本人には聞こえていなかったのかと。わたしは日本人ではありませんが。》

にほんブログ村 サッカーブログへ

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

comment

Secret

A8.net



☆ ☆



☆ ☆ ☆ ☆☆
アクセストレード
お名前.com
サーバーでも<<お名前.com>>
◆比較.com スクール・通信講座比較◆
国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp
Kauli
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
QRコード
QRコード
最近のトラックバック
リンク
ping送信
FC2カウンター
twitter
おきてがみ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Facebook
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
アドガー
アフィリエイト
☆4/15~7/16
ホテルクラビーサッポロの写真・フォトギャラリー

☆5-13〜8-13JRタワーホテル日航札幌のブライダルフェア一覧
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。