Translation
English Version

Version Française

Versione Italiana

Versión Española

Deutsche Version

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れな草

子供の時に見た映画で、今尚目に焼きつくという言葉があるようにしっかりと耳の奥底に残っている音楽映画がある。

話の内容より音楽の魅力に魅せられた。

これほど歌の持つパワーで人の感情の中にに入ってくるものかと子供心に高揚したものだった。

あれから数十年 今日突然に耳の奥底の記憶が蘇り
どのような映画であったかと調べたくなった。

フェルッチオタリアビーニの《忘れな草》までは覚えていたので簡単に探せた。

《忘れな草》1959年ヘラルド

キネマ旬報のストリーより― ドイツ娘エリザベート・クリンガー(ザビーネ・ベートマン)はローマに仕事を見つけてやって来た。飛行機の中で彼女が仲良しになったのは、イタリアのテナー歌手モラーニ(フェルッチョ・タリアヴィーニ)の一人息子ディノ坊や(マッシモ・ジュリアーニ)だった。ローマでエリザベートを迎えたのは若い青年技術者ルドルフ(エリッヒ・ヴィン)。エリザベートに彼はすっかりひかれてしまって、古くからの恋人もほうり出して連日ローマを案内してまわった。エリザベートもだんだん彼にひかれて、ついに彼の愛を受入れたのだった。だが二人の幸福な日は短かった。たまたま会ったルドルフの恋人の中傷の言葉に、エリザベートはルドルフと会うこともせず、ドイツへ帰ってしまった。故国で傷心を仕事にまぎらしていた彼女は、そこでモラーニのコンサートを聞いた。そしてディノ坊やと再会した。エリザベートを知った父親のモラーニは、母親のない坊やのためにもと彼女に求婚した。エリザベートの新しい生活が始まった。だが運命の皮肉は、モラーニのローマ公演にエリザートとルドルフを再会させた。ルドルフの言葉に誤解もとけたエリザベートに再びかつての情熱がもえ上り、遂に二人でローマを離れることにまでなった。そしてコンサートで必死に歌うモラーニの前からエリザベートは姿を消してしまった。その夜のアパートで母親を待ちわびるディノ坊やにモラーニは説明の言葉もなく、悲しく子守唄を歌っていた。その時坊やが「ママ!」と叫んだ。二人の愛に引き返して来たエリザベートの姿があった。―

theme : 心に残る映画
genre : 映画

comment

Secret

A8.net



☆ ☆



☆ ☆ ☆ ☆☆
アクセストレード
お名前.com
サーバーでも<<お名前.com>>
◆比較.com スクール・通信講座比較◆
国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp
Kauli
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
QRコード
QRコード
最近のトラックバック
リンク
ping送信
FC2カウンター
twitter
おきてがみ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Facebook
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
アドガー
アフィリエイト
☆4/15~7/16
ホテルクラビーサッポロの写真・フォトギャラリー

☆5-13〜8-13JRタワーホテル日航札幌のブライダルフェア一覧
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。