Translation
English Version

Version Française

Versione Italiana

Versión Española

Deutsche Version

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お坊ちゃま岡田監督

先日のセルビア敗戦後直後には岡田ジャパンにさほどの期待もしていなかったのでガッカリも落胆も無かったが、時間が経つにつれ協会の対応に疑問が増してきた。

 対セルビア戦後、ロッカーを訪れた日本サッカー協会の犬飼基昭会長は「信頼が揺らぐことはないが、監督はかなりショックを受けている。自分が思ったようにいかないみたい」と言いながら「岡田がショックを受けている。(報道陣)みなさんで、なぐさめてやってほしい」と犬飼基昭会長とあきれ顔だ。「期待度と結果のギャップがあったんじゃないかな。思ったようにいかないみたいで慰めた」と明かした。ここまで甘やかされると過保護を通り越して事の本質が見えていない親ばかそのものとしか写らない。
 ここまで尻拭いされながら本人の記者会見でのことばを聞くかぎり今までの態度と何一つ変わらない。話していることばは自身の作戦戦略の不備が一つも出ないのは今までどおりとしても選手個々の技術に対する非難めいたことばの発言ばかりで選ばれた選手としてみればトラウマを植えつけられる。選手自身の個の力不足と控え選手の意志の疎通では戦えないと投げ出しているような発言。ならば自身で監督を勇退すればいいのではと思いたくなる。監督自身の力不足が明らかで戦い方、選手の選び方と明白な敗戦原因が見えているのに見えないのは監督と協会だけではないのか。

 冷静に考えてみても岡田監督にW杯の指揮を任せた協会の無責任さは非難されてしかるべきだろう。交代の時期が何度かありながらここまで引っ張ってきた協会の思惑はどこにあるのか計り知れない。監督へのサポートばかりしか見えなかった協会はサッカーファンの声を真摯に聞いてこそ サッカー文化を日本に定着させサッカーのすそ野を広くしてものだと考える。もっと毅然とした態度でもって作戦采配の分析をするのが協会であるが、今の協会は馴れ合いそのものの人脈だけの甘ちゃん組織になってしまいサポーターの声すらも届かない身内だけの組織になってしまったようだ。フジテレビのアンケートでは80パーセントのサッカーファンは日本代表を応援しないとの結果まで出ている現状だが、四面楚歌状態の協会は頑固にこのままW杯まで突っ走るのだろうな。その後の日本のサッカーがどうなろうとも知らないとばかりに開き直っている。

 「誰かがいないとできないようなサッカーはしない」と標榜して憚らなかった監督は新しい選手を使わずに来て固定化されたレギュラーだけでここまで乗り切ってきたことの二枚舌の使い分けで協会に説明。新戦力のテストと言っても、スタメンのほとんどは固定メンバー。主力選手しか岡田監督のサッカーを体現できなくなったのは、指揮官の責任でもある。主力を招集した試合はほぼメンバーを固定。控えにチャンスを与える機会は少なかった。ケガを恐れてか無理をしない固定化されたレギュラーW杯代表選手。スピードのないJリーグでのサッカー技術を中心とした選手選びだけの選考でほとんど決まってしまった代表。「オレはW杯に行ける」と思っている選手たちだけで競争意識、危機意識のない仲良しクラブ的なひ弱な集団となってしまっているJリーグのW杯代表では到底世界への太刀打ち出来ない。その主力ともなるJ選抜の代表ですら岡田監督が日頃唱えている戦略を構成できないでいる。最終的には海外のチームに在籍している選手頼りになっている。チーム内に争いがないから 固定化されたメンバーしか意思疎通が出来ないチームになりこんな試合をしてしまうという事が未だに気がつかない監督、協会。
  いみじくも日本の大企業トヨタの問題と同じような症状が日本サッカー協会にも感じる。日本の企業、政治家の多くは、当該組織内で内部官僚同士の覇権争い、もう一つは、OB長老たちの院政となる覇権争いのみで経営、政治に責任を負わない言い換えれ現場を見ない権力闘争のみの覇権争いの対処策しか頭にない。現状を分析、議決すべき機能を発揮した形跡のない意思決定が依然として形式的全体一致方式《身内的仲良し》に則っていて、本来あるべき客観性や第三者的立場に立った分析監督機能など皆無という古い体質。企業、政治が社会と密接に結びながら 本来国民という存在と共にあるべきものが利益誘導のみしか見えなくなってしまった。
 国民、人間の命というものに配慮した物事の対処の仕方をトヨタも取ってきていれば アメリカ国民から今日のような賠償問題煮まで発展しなかっただろう。日本サッカー協会もサポーターの意見を無視しているところがトヨタの体質と同根のように見えてくる。
 《何度も監督を代えた方がいいと言ってきたけど、日本協会はそのタイミングを逃してきた。今からでも遅くはない。もし監督が代われば、今日のメンバーは1人も呼ばれないかもしれない。そのくらいの思い切りが必要だよ。》とセルジオ越後氏も話しているが、そのような外部の意見をも真摯に聞ける協会に変わらない限り日本のサッカーも成長無き緩やかな後退への道を歩みだしたようだ。

にほんブログ村 サッカーブログへ

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

comment

Secret

もう無理です。

いい加減に早稲田-古河電工派閥のようなチンケな派閥で動くのは
勘弁願いたい今日この頃です。
岡田が退陣するまで、一切スタジアムには応援に行かないぐらいの
ストライキがあっても良いんじゃないかと思うのですよ。
先日のセルビア戦だって、何だってあんなにサポーターたちはお行儀
が良いのか…。

No title

おはようございます
いつも、どうもありがとうございます♪

監督云々以前に
協会が問題ですよね、世界各国見ても
これだけ醜態さらして、責任取らない協会幹部は
見たこと無いですよ・・・

協会の私物化

コメント有り難う御座います。

確かに早稲田-古河電工派閥とは言いえていますね。自分たちだけの世界で論じているきらいのある日本の社会構造そのものですね。

日本のサポーターたちのお行儀良さもここまでくるとお人よしに見え 《岡田が退陣するまで、一切スタジアムには応援に行かないぐらい》の運動も必要なのかもとつくづく思います。
A8.net



☆ ☆



☆ ☆ ☆ ☆☆
アクセストレード
お名前.com
サーバーでも<<お名前.com>>
◆比較.com スクール・通信講座比較◆
国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp
Kauli
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
QRコード
QRコード
最近のトラックバック
リンク
ping送信
FC2カウンター
twitter
おきてがみ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Facebook
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
アドガー
アフィリエイト
☆4/15~7/16
ホテルクラビーサッポロの写真・フォトギャラリー

☆5-13〜8-13JRタワーホテル日航札幌のブライダルフェア一覧
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。