Translation
English Version

Version Française

Versione Italiana

Versión Española

Deutsche Version

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中村俊輔は進歩していない

エスパニョルのポチェッティーノ監督「中村俊輔は進歩していない」として中村俊輔のチームへの適応が、依然として改善されていないことを明らかにした。との報道になるほどと頷ける。確かにスコットランドプレミアリーグのセルティクでの活躍は今更述べる必要も無いほど中村は輝いていた。そこにはスコットランドサッカーと言う条件下であった。パスサッカーからは程遠いロングパスによってゴール前に運ぶ簡潔明瞭なサッカーがスコットランドサッカーであり またプレミアリーグの戦い方がイギリスのサッカーの基本である。いかにゴール前まで無駄な動きをなくし 言い換えれば中盤を省略して早くボールを運んでゴールを狙うという前に前にと攻めて行くサッカーである。現イギリス代表監督のカッペラ監督も基本的にこうした考えである。つまりDF,中盤の底ボランチの選手から前線のFWへのロングパスで中盤を省略してパスサッカーの心臓部である中盤の上を通過するだけなので本来的な中盤は必要とされない。そのようなサッカー戦略の国にセルティック前監督のストラカンはパスサッカーの必要性を感じて中村の中盤の選手を必要として起用した。
 それまでの中村はイタリアセリエでも今ひとつ出番の少なかった。と言うのも中盤を構成して行くイタリアサッカーの中では中村の動きはもう一つの上のスピードが無くフィジカルのひ弱さでレギュラーとして定着は出来なかった。スペインサッカーのような細かなパスサッカーではないが、やはり中盤を構成していくパス主体のイタリアでは中村選手は判断の遅さが露呈してしまう。
 そのような彼がスコットランドで輝けたのはパスサッカーの考えの無い土壌の国のなかでイタリア、スペイン程の速さの無いパス回しにロングパスサッカーと上手く迎合出来たサッカーチームの戦略のなかで彼の力量は最大限に発揮された。別の角度から見れば中村選手のチームとして機能させた監督の采配そのものであった。
 今彼はスペインの土地で本来のパスサッカーのど真ん中に入って自分自身のサッカーがパスサッカーでない事を気付かされているだろう。日本代表でも彼の動きによってスピードが落ちる場面が多々ある。
 その判断の早さを求められている現状ではエスパニョルのポチェッティーノ監督は中村俊輔のチームへの適応が、進歩していないと結論付けたのであろう。
 岡田監督の目指すパスサッカーでも今の現状ではお荷物にしかならないだろう。

にほんブログ村 サッカーブログへ

theme : サッカー
genre : スポーツ

comment

Secret

A8.net



☆ ☆



☆ ☆ ☆ ☆☆
アクセストレード
お名前.com
サーバーでも<<お名前.com>>
◆比較.com スクール・通信講座比較◆
国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp
Kauli
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
QRコード
QRコード
最近のトラックバック
リンク
ping送信
FC2カウンター
twitter
おきてがみ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Facebook
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
アドガー
アフィリエイト
☆4/15~7/16
ホテルクラビーサッポロの写真・フォトギャラリー

☆5-13〜8-13JRタワーホテル日航札幌のブライダルフェア一覧
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。