Translation
English Version

Version Française

Versione Italiana

Versión Española

Deutsche Version

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パスサッカー

無敵艦隊のスペインのパスサッカーが今の時代の先頭をいっているといわれてきたが、今回のアメリカに敗れた事によって又次のサッカーへと軌道修正をしていく事になるのであろうが、フィジカルの弱い戦い方としてパスサッカーという戦法を構築して肉体のハンデを補う方法を又一から考え直さなければならない。ただCLの勝者バルセロナも華麗なパスサッカーである。そのバルセロナの戦い方の先にスペインのサッカーが顕在していたのだが、バルセロナとスペイン代表との違いはチームの下部から日夜共にして築いてきたパスサッカーと急増の代表チームでのパスサッカーでは微妙な所で誤差、意識のズレが生じる。横パスでもバルセロナの場合はゴールへの穴を見つけた瞬間に瞬く間に中に切り込んでいく速さと連携が出来る。横、マイナスのパスをしながらでも人の動きはリズムを持ってイレブンで動く妙が出来る。その動きは守、攻の両面に転用出来るよな一つの流れとなって陣形を形作る。
 今回のスペインサッカーの場合、見方によれば日本代表チームのようにも見えたのは無駄な横パスの多用さでゴールの周りを行ったり来たりとしているだけのパスばかりのサッカーのように見えた。アメリカの二重の4人のDFの壁の前にゴールの前に近づく事がなかなか出来なかった。非力な体力でのサッカーは一つのチームとして成熟した形として長い練習の成果の上に阿吽の呼吸で展開されるのがパスサッカーで、代表チームのように急増チームでは不可能ではと思えたのが今回のスペインチームだった。特にスペイン代表の心臓部でもあるシャビに仕事をさせなかった点でパスサッカーから切り込んでいくパスが供給が出来なかったのが極めて大きかった。イニエスタやシルバの欠場によってシャビを助ける動きが完全に封じられてしまっていた。日本代表でも同じような問題を抱えているのでどのような選手の組み合わせが最適かというところですね。

にほんブログ村 サッカーブログへ

theme : サッカー
genre : スポーツ

comment

Secret

A8.net



☆ ☆



☆ ☆ ☆ ☆☆
アクセストレード
お名前.com
サーバーでも<<お名前.com>>
◆比較.com スクール・通信講座比較◆
国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp
Kauli
フリーエリア
にほんブログ村 サッカーブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
QRコード
QRコード
最近のトラックバック
リンク
ping送信
FC2カウンター
twitter
おきてがみ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Facebook
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
アドガー
アフィリエイト
☆4/15~7/16
ホテルクラビーサッポロの写真・フォトギャラリー

☆5-13〜8-13JRタワーホテル日航札幌のブライダルフェア一覧
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。